06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンに渡った男性たちの結末

今日はこんな記事を見つけたので載せて見ました。

「困窮邦人」──。海外で経済的に困窮状態になっている在留邦人を指す言葉です。その困窮邦人がもっとも多いのがフィリピン。2010年に、在外公館に援護を求めた困窮法人の総数は768人。そのなかでもフィリピンは332人と半数を占め、2位のタイ92人を3倍以上引き離しています(日本外務省・海外法人援護統計)。困窮状態の日本人の2.5人に1人はフィリピンにいるという状態です。
彼らはなぜ、困窮状態になってしまったのでしょう。強盗被害にあう、ギャンブルに負ける、投資話にだまされるなどといった理由から、所持金や全財産を失ってしまう人もいますが、何よりも多いのは、日本でのフィリピンクラブで出会った女性を追いかけて渡航し、困窮状態になったというもの。
そうやって女性を追って困窮状態になった人の多くが50歳以上。つまり、日本人女性に相手にされなくなった自分に対して、優しく微笑みかけてくれるフィリピン女性に自尊心をくすぐられ、「自分もまだまだ大丈夫」と錯覚し、有り金すべてを持って日本を飛び出してしまうパターンです。
その背景には、「家族や友人から見捨てられた孤独感、単純労働の空虚な毎日、多額の借金など自分を取り巻く生活環境に鬱積し、逃げ出したくなるような現実があったのではなかったか」と、第9回開高健ノンフィクション賞受賞作『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』の著者・水谷竹秀氏は分析しています。
フィリピンに渡った男たちはその後どうなるのか。最低賃金1日約400ペソ(約800円)のフィリピンにとって日本人は「金のなる木」ととらえられます。年齢や見た目といったものはほぼ無視され、60歳以上の人でも20歳前後のフィリピン女性と仲良くなることができます。しかし、何も考えずにお金を使い込んでしまった場合、お金のない日本人はただの紙切れ同然とされます。底が尽きた瞬間から、女性やその家族から見捨てられ、その結果、周囲のフィリピンの民家を転々とし、食事をわけてもらいながら生活をすることになるのです。
もちろん日本に帰ってくるお金などありません。また、フィリピンは年間平均気温27度と気候に恵まれているため、一年中Tシャツとサンダルで生活することができます。日本のホームレスのように凍死する心配をしなくていいため、食事さえできれば生き抜くことができるのです。ちょっとした仕事をし、日当20ペソ(約40)ほど受け取れば、食事にはありつくことができるのです

 

正直悲しくなって来ました(涙

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

フリーエリア

 

フリー

 

為替

 
 

楽天

 

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキング bnr.gif 88x31b.gif blogram投票ボタン
にほんブログ村 トラコミュ フィリピンボラカイ島を語ろうへ


 

フリーエリア

 

プロフィール

クー

Author:クー
FC2ブログへようこそ!

 

ブロとも申請フォーム

 

フリーエリア

 
 

フリー

 
 

フリーエリア

 
 
 

フリーエリア

マクロミルへ登録



アフィリエイトならリンクシェア