09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボラカイ

ルシオ・タンなどの中国系資本がボラカイ島を

       大規模開発


フィリピン航空や国内最大の煙草会社を持つ中国系のルシオ・タンが率いる不動産会社『アリアンス』の子会社『グローバル・エステート・リゾーツ』がある。

この会社が200億ペソ(約560億円)をかけて、ボラカイ島とマニラ首都圏に近いカビテに総合リゾート施設を作ることを発表した。

ボラカイ島には内150億ペソを投資、『ボラカイ・ニューコースト』と名付ける敷地140ヘクタールに18ホールのゴルフ場を作り、1,500室程度の巨大な宿泊施設を作る計画となっています。

開発側はこの事業によって雇用数3,000人と30万人以上の観光客を見込んでいる。

しかし今のボラカイ島は観光客数が年間100万人を超え、激増した宿泊施設や商業施設などで過密状態となっていて、島の総面積1,002ヘクタールしかない中、10%以上を超える大規模開発は更なる島の環境破壊が進むと危惧されています。

また、ボラカイ島対岸のマレイ町にはカジノ施設を誘致する計画があり、2003年には一度は政府から認められたがカトリック教会などの反対によって頓挫した経緯がある。

ボラカイの事業にはフィリピンのマクドナルド・チェーンを持つ中国系の経営者が総額の半分に当たる75億ペソを出資するため、増加著しい中国大陸からの博奕好きな観光客を狙っての事業計画とも見られています。

このように切り取り自由な開発の歯止めは政府側も必要とはいうが、中央と地方が結ばれる開発利権によって空念仏状態となっている。

20年前だと本当に隠れ家的リゾートで観光客もそれ程いないしヌーディストビーチも沢山あり私にとってはハーレムだったのに....

今でも大分汚染が進んでいるのにこれ以上開発が進むとボラカイの海が汚染され観光客が減り大変の事にならなければ良いのですが?

人気ブログランキングへbnr80_15_01.gifブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

フリーエリア

 

フリー

 

為替

 
 

楽天

 

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキング bnr.gif 88x31b.gif blogram投票ボタン
にほんブログ村 トラコミュ フィリピンボラカイ島を語ろうへ


 

フリーエリア

 

プロフィール

クー

Author:クー
FC2ブログへようこそ!

 

ブロとも申請フォーム

 

フリーエリア

 
 

フリー

 
 

フリーエリア

 
 
 

フリーエリア

マクロミルへ登録



アフィリエイトならリンクシェア