04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ウェブ等を見ていますとフィリピンに行きたいけど怖いとか何処が綺麗で安全とかの質問等が非常に多い事に気付きました。
昔から悪いイメージのあるフィリピン、メディアでも昔はフィリピンの汚い所、怖い所、ばかり流して本当に危険な国フィリピンとイメージを作られていました。
ここ最近は若者向けのテレビ番組等にフィリピンの綺麗な所を色々紹介され老若男女問わずフィリピンに興味を待たれてる方が多くなって来ている事に嬉しく思っています。
そこで戸惑っている方にフィリピンに是非行ってもらいたくこんな規格を考え思いこの記事を書いています。
私はマニラはあまり詳しく無いのでマニラは無理ですマニラまで一緒に行く事は可能です(笑い
場所はボラカイ島

フィリピン観光省 ボラカイ島

OQ15K.jpg

日にち等は年始1月4日~1月20日ぐらいに予定しています
空港     1、名古屋空港 2、関空
航空会社  フィリピンエアライン
旅費等は3泊4日~4泊5泊でお一人10万円ぐらいで予定しています。
ボラカイ島は毎年世界の綺麗なビーチベスト5に何時も入り2007年は1位今年は2位でした。
遠浅で家族連れにもとても安全なビーチです。
質問等はコメント欄からお願いします。
一緒にフィリピンボラカイ島へ行きましょう


    人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサーサイト
ボラカイ島の真実

1990年ごろまではボラカイ島はいくつかの集落(バランガイ)に地元民が住むだけの一種の秘境で、バックパッカーら旅行客は自分用の飲み水を持ち込み、美しいビーチにキャンプを張り、夜の明かりはキャンプファイアーだけという状況だった。1990年、BMWのトロピカル・ビーチ・ハンドブックの投票で「世界最高のビーチの一つ」という結果になり、イギリスのテレビなども世界の熱帯のビーチのナンバーワンだと激賞した。その後ボラカイ島には電気と水道がパナイ本島からつながり、国際的な観光地へと発展していった。

kR49r (1)


そして地元民は巨大なマネーと色々な人たちに騙されビーチ沿いから山奥に追いやられこの子たちみたいな子供や大人が沢山いて夜になると物乞いしに何処からともなく現れます。
私服を肥やしたのは地元の人ではなく海外企業ばかりではないでしょうか?
今から20年以上前はコンクリートのホテルは一つも無かったのに今ではビーチ沿いは近代的なホテルが所狭しに並んでいます。
4年前頃に韓国ドラマ(恋愛)をボラカイ島で撮影したのがきっかけで韓国で人気が上がり恋人同士やハネームーンでボラカイ島を訪れる方が多くなりそこに目を付け、韓国資本が入りこみどんどんボラカイの土地やホテル等が買われています先日紹介したゴルフ場も確か韓国の方に買い上げられました。
韓国パワーは日本だけでなくこんな遠いフィリピンリゾートまで来ています恐るべし

    人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

フェアウェイズ & ブルーウォーター リゾート

ボラカイ島唯一のゴルフ場があるホテルです

xkbtK.jpg

ゴルフ場の18番ホールです。

PUiOO.jpg

ゴルフ場、プール、プライベートビーチ等色々ありましたし色々な設備を作っていました。
この上の写真プールの向こうにプライベートビーチが見えて綺麗な写真ですが良く見ると外灯が折れていますフィリピンらしいですよね
私が行った時には韓国のドラマをここで撮影していましてカメラを構えたら怒られたので写真は撮れませんでした

MxGko.jpg

このキリスト教会も敷地内にありプールサイドから北に向かうと有り洞窟の中に作ってあります。


    人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


今日は私が骨休みに時々行くボラカイ島を紹介します

フィリピン、ボラカイ島、まだ日本人の方にはあまり知られてい

ませんが、世界美しいビーチ常時トップテンに入り2007年には1位

に輝き2011年は2位、アジアではナンバー1大変綺麗なホワイトビーチです。

nzThm.jpg

9e3MZ.jpg


ハイシーズンは1月~5月トップシーズンは3月~5月ですこの時期は何もかも高いですが波は穏やかで遠浅お子様も非常に安心です。
ローシーズンは6月~12月この頃は西風が強くなり波が高くなりますが飛行機にホテルも安くなり激安ツアーも出てきてトップシーズンに比べるとホテル等は半値以下が出てきます。
私はトップシーズン以外全ての時期に行った事がありますがどの時期に行っても後悔する事は無いと思います
その時々のボラカイを楽しんで下さい。

続きはまた.....


    人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


ルシオ・タンなどの中国系資本がボラカイ島を

       大規模開発


フィリピン航空や国内最大の煙草会社を持つ中国系のルシオ・タンが率いる不動産会社『アリアンス』の子会社『グローバル・エステート・リゾーツ』がある。

この会社が200億ペソ(約560億円)をかけて、ボラカイ島とマニラ首都圏に近いカビテに総合リゾート施設を作ることを発表した。

ボラカイ島には内150億ペソを投資、『ボラカイ・ニューコースト』と名付ける敷地140ヘクタールに18ホールのゴルフ場を作り、1,500室程度の巨大な宿泊施設を作る計画となっています。

開発側はこの事業によって雇用数3,000人と30万人以上の観光客を見込んでいる。

しかし今のボラカイ島は観光客数が年間100万人を超え、激増した宿泊施設や商業施設などで過密状態となっていて、島の総面積1,002ヘクタールしかない中、10%以上を超える大規模開発は更なる島の環境破壊が進むと危惧されています。

また、ボラカイ島対岸のマレイ町にはカジノ施設を誘致する計画があり、2003年には一度は政府から認められたがカトリック教会などの反対によって頓挫した経緯がある。

ボラカイの事業にはフィリピンのマクドナルド・チェーンを持つ中国系の経営者が総額の半分に当たる75億ペソを出資するため、増加著しい中国大陸からの博奕好きな観光客を狙っての事業計画とも見られています。

このように切り取り自由な開発の歯止めは政府側も必要とはいうが、中央と地方が結ばれる開発利権によって空念仏状態となっている。

20年前だと本当に隠れ家的リゾートで観光客もそれ程いないしヌーディストビーチも沢山あり私にとってはハーレムだったのに....

今でも大分汚染が進んでいるのにこれ以上開発が進むとボラカイの海が汚染され観光客が減り大変の事にならなければ良いのですが?

人気ブログランキングへbnr80_15_01.gifブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


 

フリーエリア

 

フリー

 

為替

 
 

楽天

 

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキング bnr.gif 88x31b.gif blogram投票ボタン
にほんブログ村 トラコミュ フィリピンボラカイ島を語ろうへ


 

フリーエリア

 

プロフィール

クー

Author:クー
FC2ブログへようこそ!

 

ブロとも申請フォーム

 

フリーエリア

 
 

フリー

 
 

フリーエリア

 
 
 

フリーエリア

マクロミルへ登録



アフィリエイトならリンクシェア