06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな記事がありました。

被災地付近に居住しているフィリピン国籍の方は

フィリピン政府が、フィリピンへ避難する為の航空券代を支給する事になった

ようです。日本国籍の子供は実費だそうです。

原発から半径100キロ園内に在住に限る????

福島県在住のフィリピンの方里帰りや一時的な非難には良いのでは!!



人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 地震
こんな記事、映像を見つけました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
3月世界の地震
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

イメージ 1


イメージ 2



この映像、画像を見ると世界各地で様々な大きな地震が発生しています。

地球規模で何かが起きているのかも?


人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


  • このエントリーのカテゴリ : 地震
私もおかしいなと思っていましたが、皆さんも多分疑問に思っていると思います。

今回の地震で放射性物質の事やその他色々な事が問題視されていますが肝心

のプルトニウムの話題が表立ってきません?今日こんな発表が東電からあり

ました。

東京電力は27日昼の記者会見で、福島第一原発の敷地内にプルトニウムがある可能性について、「プルトニウムはアルファ線だが、どれぐらいの量があるかを測定する装置を当社は持っていない」と述べた。その上で、プルトニウムが出ている可能性があるということか、との問いに、 「測定していない以上は、絶対ないとは言えない」と答えた。


プルサーマルでプルトニウムが出すα線の検出器を持っていない?

私の考えはひど過ぎて隠していると思っていましたが、まさか検出器を持って

いないとは?私なりに簡単に検索してみるとα線の検出器安くて6万~あります

何故これをけちっているのか私には理解できません。

他の放射性物質は検知されてるのにプルトニュウムが検出されていない

怖すぎて検出、出来ないのか?

民間人は子供からお年寄りまでボランティアや募金など協力しているのに

国も東電も何をしているのか?このままでは最悪の事態に進んで行ってしま

います。 この国はこんなにも腐っているのか?

速くフィリピンに逃げたいです。


 人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ






  • このエントリーのカテゴリ : 地震
謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。



本日よりブログ再開させていただきます。


地震の後に津波の被害そして原発の脅威にさらされている日本
関東地方の水道から放射性ヨウ素が検出された本日より2日間は1歳未満の幼児は飲まないように、県は「はっきり分からないが、原因には雨の影響があると思う。対象地域では乳児の飲用は控えてほしい」との事
雨による影響?と言う事は何所まで放射能は飛んでいくのか?とても不安になります。

明日からはまたフィリピンの事を中心に書いていきます。




人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


  • このエントリーのカテゴリ : 地震
今日はこんな記事を見つけたので一人でも多くの人に見ていただきたく

掲載させていただきました。

東日本大震災の発生から3日目の13日、明らかになりつつある被害状況は拡大の一途をたどり、死者が1万人単位に及ぶとの見方も出てきた。難航する救出作業、あふれる避難所、行き届かない食料や物資。福島第1原発1号機の爆発事故で、新たに約8万人の住民が避難を余儀なくされ、想像を絶する巨大地震に襲われた被災地は、大きな不安や疲労に包まれた夜を迎えた。
【想像を絶する被害】東日本大震災 発生当日の様子を多量の写真で
 「早く逃げてください」--。街全体が津波にのみ込まれ約1万7000人の人口のうち、約1万人の安否が分からなくなっている宮城県南三陸町は、町役場が跡形もなくなるなど壊滅した。多くの町職員や警察官、消防職員が行方不明となったが、その中に津波に襲われるまで防災無線放送で住民に避難を呼びかけた女性職員がいた。
 「娘は最後まで声を振り絞ったと思う」。同町の遠藤美恵子さん(53)は、避難先の県志津川高校で涙を浮かべた。娘の未希(みき)さん(25)は町危機管理課職員。地震後も役場別館の防災対策庁舎(3階建て)に残り、無線放送を続けた。
 難を逃れた町職員(33)によると、地震から約30分後、高さ10メートル以上の津波が町役場を襲った。助かったのは10人。庁舎屋上の無線用鉄塔にしがみついていた。その中に未希さんはいなかった。
 遠藤さんは「(生き残った職員から)『未希さんが流されるのを見た』という話を聞いた。もうダメだと思う」とつぶやいた。
 地震直後、遠藤さんの知人、芳賀タエ子さん(61)は「6メートル強の波があります。早く逃げてください」という未希さんの放送の声を聞きながら、携帯電話だけを持ち、着の身着のままで車で避難所の志津川高校のある高台を目指した。停電で信号が動いておらず、周辺道路は渋滞していた。高台への道路を上がる時、振り向くと渋滞の列からクラクションが鳴り響き、その背後から津波が家屋などをなぎ倒しながら追いかけてくるのが見えた。
 芳賀さんは懸命にアクセルを踏み、数十メートルの高さの高台に逃れた。車を降りて避難所の階段を上がった。遠藤さんもたまたま避難していた。
 芳賀さんは遠藤さんの手を握って言った。「娘さんの声がずっと聞こえたよ」
 高台から見下ろす街は濁流にのみ込まれていた

25歳の若さでこんな凄い事の出来る子がまだ日本に残っていました。

実際に自分の命より、人の命を大切に考え自分の持ち場を離れず放送し続けた

彼女が無事である事を心から信じて祈っています。



  • このエントリーのカテゴリ : 地震
 

フリーエリア

 

フリー

 

為替

 
 

楽天

 

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログランキング bnr.gif 88x31b.gif blogram投票ボタン
にほんブログ村 トラコミュ フィリピンボラカイ島を語ろうへ


 

フリーエリア

 

プロフィール

クー

Author:クー
FC2ブログへようこそ!

 

ブロとも申請フォーム

 

フリーエリア

 
 

フリー

 
 

フリーエリア

 
 
 

フリーエリア

マクロミルへ登録



アフィリエイトならリンクシェア